【産休・育休シリーズ】予定日よりも早く出産…!もらえるお金が少なくなる…!?【第2回】

HR - human resource
第一回では産前産後休暇と育児休業についてお話しました。
産前産後休暇は、出産予定日を基準に期間が設定されます。
では、予定日と実際の出産日がずれてしまった場合、どうなるのか。
今回はそう言ったお話です。
結論から言えば、ずれたとしても不利益を被ることはありません。
産前休暇は出産予定日の42日前から取得することができます。
例えば出産が前倒しになった場合、その分だけ前倒しで産前休暇がスタートします。
逆に後ろ倒しになった場合、これも同じく同じ分だけ後ろ倒しになります。
産後休暇についても同じく、前倒しと後ろ倒しがそれぞれ発生しますので、
産前42日+産後56日の合計98日よりも少なくなることはありません。
ここでご説明しておきたいのが、出産手当金についてです。
※出産一時金じゃないです。別物です。
出産手当金は、出産前まで働ていたママさんが、
出産により働けない期間に受け取ることのできるお金です。
「働いていた」という部分が大切です。
このお金の出どころは、健康保険組合だからです。
さて、その出産手当金ですが、
1日当たりおおむね毎月のお給料の2/3ほどの金額です。
この金額が、産前42日と産後56日のそれぞれで受け取れます。
そして、休暇の期間と同様に、出産手当金の対象期間も、
前後にぶれることができます。
予定日よりも早く生まれたのであれば、前倒しの期間分を、
予定日よりも遅く生まれたのであれば、産後は56日分、産前休暇は42日+伸びた分だけ支給されます。
予定日よりも早く生まれてしまった遅く生まれてしまったで、損得はないということになります。
出産手当金の支給には手続きが必要なので、
お勤めの会社の人事か総務あたりに、事前に聞いておくのが良さそうですね。
以上、産前休暇のお話でした。
次回はいよいよ本丸、育休についてお話しようと思います。
こうご期待。笑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました