【働き方改革】サブロク協定の特別条項ってなに?

HR - human resource
サブロク協定なる単語を耳にされたことがあるでしょうか。
働き方改革の文脈で、今回はサブロク協定についてお話します。
サブロク協定は正式には「時間外・休日労働に関する協定」です。
労働基準法36条に記載されている内容であるため、サブロクと呼ばれています。
読んで字のごとく、時間外労働や休日労働に関する取り決めが、サブロク協定の内容です。
日本には法定労働時間というものが定められており、本来はそれ以上の時間働かせることはNGなのです。
しかし、なかなか業務を法定内に収めることは難しい為、残業が発生したり、休日労働が発生したりします。
法定労働時間をオーバーすることは分かった、でもこの時間内には収めてよね、
というのがサブロク協定です。
すなわち、サブロク協定の締結無しで残業をさせている場合、その時点で法的にNGということになります。
さて、法定労働時間の上限を引き上げることのできるサブロク協定ですが、さらに上があります。
特別条項と呼ばれる内容です。
サブロク協定の締結によって引き上げられた上限時間を、さらに臨時的に引き上げる事ができるのが、特別条項です。
今まではこの特別条項での上限時間の設定が青天井でしたが、今回の法改正によって天井が設定されることになりました。
働かせる事に、絶対的な上限が設定された、ということです。
▼特別条項発動状態での上限時間についてはこちら
そして、サブロク協定は1年単位で労使間で締結します。
この期間設定は会社によって異なるため、自分の会社がいつからいつまでを1年間と設定しているのか、確かめておくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました