【働き方改革】残業規制はいつから適用される?

HR - human resource
働き方改革関連法案が可決され、2019年4月からいくつかの制限が設けられました。
その中の一つに、残業時間に対する厳しい制限が課せられることがあります。
しかしながら、「いつの勤務分から」制限の対象となるかは、少し条件分岐があります。
それは、中小企業に勤めていらっしゃるか、そうでないかという分岐です。
中小企業かそうでないか、という表現をあえて用いました。
それは、この残業規制の文脈においては、こういう要素を持っている法人が大企業だ、という定義が無いためです。
代わりに、中小企業については明確な定義があります。
そのため、中小企業に該当するか、そうでないか、という条件分岐のもと、適用の時期が変わります。
2019年4月の勤務分から適用となるのは、中小企業ではない法人(一般に大企業と表現されます)にお勤めの方、ということになります。
中小企業にお勤めの方は、来年2020年4月の勤務分から、残業規制の対象となります。
とはいえ、結局は規制されるものなので、中小企業に勤めていらっしゃる方も、
リハーサルのつもりで、いまから残業時間の圧縮になれていかれてもよいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました