【けんぽシリーズ】標準報酬月額って何なんですか?

HR - human resource
「けんぽ」シリーズ、第二弾です。
第一弾では、健康保険料=標準報酬月額×保険料率
で算出されるということをお話ししました。
ではその標準報酬月額は、どのように算出されるのか
第二弾は、標準報酬月額の決まり方について簡単にお話します。
標準報酬月額とは、「概ね、あなたは1か月でこれくらい稼ぐよね~」
といった金額のことです。
この金額が大きければ大きいほど、
のちに天引きされる社会保険料が大きくなっていきます。
この金額、実は三カ月間のお給料の平均で算出されます。
その期間は、毎年4月~6月です
この三か月間で支払われたお給料の総額を、三等分して標準報酬月額が算出されます。
この時、残業で稼いだ分も、お給料の総額としてカウントされます。

4月から6月の間は残業しないほうがいいぞ

などと巷で話題になるのは、
このことが影響していると考えられます。
なぜかというと、4月から6月の間に残業で稼ぐと、標準報酬月額が高くなり、
後々の社会保険料が高くなってしまう、ということを懸念しているのです。
ですがこの意見には別の側面もありまして、
社会保険料を多く収める=すぐさま損、というわけでは無いです。
社会保険料を多く収めるということは、
老後にもらえる年金も増えることにつながるためです。
最近何かと話題になっている年金制度なので、
そうは言われても、、、という感じかもしれませんが、、、笑
ですが確かに、4月から6月が忙しくてめちゃくちゃ残業した結果、
標準報酬月額がとても高くなり、その後も高い社会保険料が天引きされてしまうと、
残業が少ないシーズンには、なかなかしんどそうですね、、、ここは各々塩梅です。
ちなみに、通勤定期代も、お給料の総額としてカウントします。
4月に一年分払われる方、ゾッとしたと思いますが、ここは安心ください。
一年分の通勤定期代がまとめて払われる場合、1か月分に按分した状態で加算されます。
そして、4月から6月の平均で算出された新しい標準報酬月額は、
その年の9月1日から適用されます。
社会保険料の天引きは、多くの企業で次の月の給与から天引きされていますので、
9月1日から30日までの社会保険料は、10月分のお給料で天引きされます。
10月のお給料が毎月もらっている金額と異なっていて、
違和感を感じられたことはあるでしょうか。
それはもしかしたら、社会保険料が変わっているからかもしれないです。
今のご時世、年金を本当にもらえるか懐疑的な方もいらっしゃいます。
そういった方は、社会保険料が高くならないように、
4月~6月の間はなるべく残業をしないで済むようにしたほうが
良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました