【誰でも節税】ふるさと納税について調べてみた【返礼品がおいしい】

HR - human resource
何かと話題のふるさと納税、ちょっと参戦してみようと思います。
何かと話題ですが、行政関係のやつってめんどくさそうでやりたくないですよね。
でも調べてみたら、これはお得だと思いました。僕も来年は参戦しようと思います。
ふるさと納税は、御幣を恐れず、お得感を前面に出した表現をすると、
もともと払わなくちゃいけない税金を払うだけで、カニがもらえる制度、です。
 100万円以上の収入がある場合、住民税というものが課税されます。
おそらく、お勤めの方は大体給料から天引きされています。
これが、払わなくてはいけない税金のことです。
この住民税、どこに対して払っているかというと、
住民票がある市区町村に対して払っています。
一方ふるさと納税は、どこの市区町村に対して支払ってもOKです。
返礼品が魅力的なところでも、生まれ育った地元でも、大好きな芸能人の出身地でも、
どこでも、何か所でも、OKです。
ふるさと納税をしたからと言って、住民税を払わなくてよいかというと、
そうではありません。住民税はちゃんと天引きされます。
しかし、その天引きされる金額が少なくなります。
どれくらい少なくなるかというと、「寄付金額-2000円」分です。
2,000円は自己負担分なので、純粋にキャッシュアウトが増額します。
でも、それ以外の分は、住民税から減額されます。
例えば、住民税が年額で100,000円の方が、
ふるさと納税で30,000円納めたとすると、住民税の金額が72,000円まで減少します。
かつ、3万円分の返礼品がもらえます。
ふるさと納税無しの場合のキャッシュアウトは、10万円
ふるさと納税ありの場合のキャッシュアウトは、10万2000円
ということになります。
でも、返礼品がもらえます。
1万円で、カニ1kgです。3万円なら3kgです。
複数の市区町村に分割して納めてもいいので、
カニ1kgと肉1kgと梅干し900gという手もあります。
2,000円の増額で、これがもらえるのはすごいですよね。
そりゃ返礼品の価格つり上げが進むわけだ。。。
これがふるさと納税がお得なことの説明です。
この方式を、ワンストップ特例制度、というそうです。
気になった方は、HeySiri。
さらに個人的なアレを加えて解釈するなら、
ふるさと納税をクレジットカードで行うことです。
これによって、カードの種類によりますが、ポイントバックがあります。
2,000円の自己負担分がさらに少なくなります。さらにお得になります。
いやはや、もっと早く調べておけばよかった。
来年はカニもらえるようにふるさと納税しよっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました