【産休・育休シリーズ】パパだって子育てしたい!男性の育児休暇とは?【第4回】

HR - human resource
産前産後休暇とは違い、
育休の取得は、男性でも可能です。
まだまだ日本には根づいていない文化な気がしますが、
男性も育児休業は取得できます。
男性が育休を取得する際も、最大期間は同様に設定されています。
男性が育休を取得するケースで考えられるのは、
・夫婦どちらかが育休を取得するパターン
・夫婦二人とも育休を取得するパターン
でしょうか。
どちらかが育休を取得する場合、最大期間は基本的に1年、
保育所落選の場合は半年の延長を2回まで、です。
二人とも育休を取得する場合、特別な制度があります。
パパママ育休プラス、です。
この制度を使うと、先に育休に入っているママに続いて、
パパも育休を取得でき、その期間が子供が1歳2か月になるまで伸びる、
というメリットがあります。
残念ながら、上記の形の場合、
ママの育休は1歳のタイミングで終了となってしまいますが、
パパは1歳2か月まで育休を取得することが可能です。
もちろん、こういった制度を使わずとも、
短期間での育休取得も可能です。
でも、そう言った制度があるということだけでも、
知っておくと役に立つときが来るかもしれませんね。
小学校に入る前のタイミングであれば、
病院に連れて行く時などは、看護休暇という選択肢なんかもあります。
さまざまな制度がありますが、いろいろ勘案したうえで、
ご自身が描く理想のライフプランを実現したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました